ツール・サービス

【2021年最新版】WordPressにGoogleアナリティクスを導入する方法

ツール・サービス

こんにちは!

埼玉県川口市でWEB制作を行っています

テダスクのToshiです。

 

2020年の10月頃にGoogleアナリティクスのバージョンが上がりました。

今まで使っていた人はバージョンが上がったことで、大きく見栄えが変わることはありませんでしたが

これから新しくサイトのプロパティを追加する場合、今までとは違ったプロパティIDが発行されて

WordPressにうまく導入出来ないという人も多いのではないかと思います。

 

多くのWordPressのプラグインやテンプレートはまだ旧バージョンのアナリティクスIDにしか対応していないため今回は、旧バージョンのアナリティクスIDを発行する方法を説明したいと思います。

 

WordPress初期設定・テーマ設定マンツーマンレクチャーサービス
WordPressで書きたいブログが決まり、さてブログを立ち上げようと意気込んだのは良いのですが、WordPressは意外と立ち上げから全ての設定を終わらせるまでのプロセスが初心者には難しく感じ、中には挫折してしまった方も少なくないと思いま...

 

アナリティクスアカウントの作成

 

GoogleアナリティクスはGoogleアカウントを持っていれば誰でも無料で作成出来ます。

 

画像のように「無料で設定をクリック」します。

 

 

「アカウント名」に自分のアカウントと分かる名前を入力します。

その他はそのままで「次へ」をクリック。

 

「プロパティ名」はどのウェブサイトか分かる名前を入力。

「レポートのタイムゾーン」と「通貨」は日本を選択します。

そして、大事なのがここで「詳細オプションを表示」をクリックします。

そうすると、次の様な表示がでてきます。

 

「ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成」の右端に、オンオフのスイッチがあるので、クリックしてオンにします。

 

そうすると、更に入力項目が表示されます。

「ウェブサイトの URL」にAnalyticsを導入するウェブサイトのURLを入力します。

次に、「ユニバーサルアナリティクスのプロパティのみを作成する」を選択※します。

そして「次へ」をクリック。

 

※Googleでは、今回作成するユニバーサルアナリティクスではなく、Googleアナリティクス4の導入を勧めています

今回の記事は、あくまで現時点でのWordPressに導入しやすいやり方を説明するもので、将来的にはGoogleアナリティクス4への切替が必要となりますのでご注意下さい。

 

 

「ビジネス情報」を適宜入力して、「作成」をクリックします。

 

日本を選択して、利用規約を確認後「同意」をクリックします。

 

 

必要に応じて、チェックを入れて「保存」をクリックします。

 

 

今は必要ないので、「閉じる」をクリックします。

 

これで、Googleアナリティクスアカウントの作成とアナリティクスプロパティ作成の完了です。

UAから始まるトラッキングIDが表示されますので、このIDを控えておきましょう。

 

WordPressプラグインAll in one SEO使ってアナリティクスの導入

先程作成したUAから始まるトラッキングIDを使って、アナリティクスを導入します。

ここでは、All in one SEO PackというSEO対策でよく使われているプラグインを利用して、アナリティクスとの連動を行います。

 

もしお使いのテーマ(テンプレート)にアナリティクスの導入が出来る仕組みがあれば、そちらを利用しても構いませんが、将来的にテンプレートを変更したときに、アナリティクスの連動が再度必要になってしまい移行し忘れる可能性もあるので、基本的にプラグインでの導入をお勧めしています。

 

それでは、WordPressのダッシュボードに入り、プラグインのページを開きます。

キーワードに「all in one seo」と入力して、all in one seoを検索します。

見つかったら、「今すぐインストール」→「有効化」をします。

そうすると、左のメニューにAll in one SEOというメニューが表示されますので、メニューをクリックします。

 

All in one SEOのトップページが表示されるので、再度左のメニューの「General Settings」をクリックします。

 

 

General Settingsのページを開いたら「Webmaster Tools」のタブをクリックします。

画像のような表示になったら、「Google Analytics」のロゴをクリックします。

 

 

「Google Analytics」のロゴをクリックすると、「Google Analytics ID」という入力欄が表示されるので、ここに先程控えた、UAから始まるトラッキングIDを入力します。

 

アナリティクスの導入はこれで完了ですので、画面一番下の「Save Changes」をクリックして完了します。

もしGoogle Analytics IDが表示されなければ

最近設定をしていて気付いたのですが、Google Analytics IDが表示されないパターンもあります。

その時は、アナリティクスのプロパティ画面で表示された「グローバル サイトタグ(gtag.js)」を貼り付けましょう。

 

管理者のアクセスを除外する設定

先程のページで管理者(WordPressにログインした人)をアナリティクスのトラッキングから除外する設定ができます。

Administrator(管理者)にチェックをいれて、保存します。

 

これはどういう設定かもう少し詳しく説明すると、アナリティクスを導入するとその時から、ウェブサイトにアクセスした場合トラッキングがスタートします。

もし自分がホームページのチェックをした場合も同様に、アクセス数としてカウントされてしまいます。

 

自分がアクセス数にカウントされてしまうと、正確なアクセス数やページの閲覧数が取れなくなってしまいます。

それを避けるために、もしWordPressのダッシュボード(管理画面)にログインした場合にホームページを見たとしても、トラッキングしないというのが、上記の「Administrator」にチェックを入れる設定です。

 

 

これで、以上になります。

 

All in one SEOについては他の記事でも改めてまとめたいと思っています。

 

既存のアナリティクスアカウントでプロパティを作成する場合

 

すでにアナリティクスアカウントを持っていて、新しいウェブサイトにアナリティクスを導入する場合のやり方になります。

 

まず、アナリティクスのトップページにアクセスします。

左のメニューの一番下の「管理」または「歯車のアイコン」をクリックします。

 

 

 

プロパティの項目にある「プロパティの作成」をクリックします。

「プロパティ名」はどのウェブサイトか分かる名前を入力。

「レポートのタイムゾーン」と「通貨」は日本を選択します。

そして、「詳細オプションを表示」をクリックします。

そうすると、次の様な表示がでてきます。

 

「ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成」の右端に、オンオフのスイッチがあるので、クリックしてオンにします。

 

そうすると、更に入力項目が表示されます。

「ウェブサイトの URL」にAnalyticsを導入するウェブサイトのURLを入力します。

次に、「ユニバーサルアナリティクスのプロパティのみを作成する」を選択※します。

そして「次へ」をクリック。

 

※Googleでは、今回作成するユニバーサルアナリティクスではなく、Googleアナリティクス4の導入を勧めています

今回の記事は、あくまで現時点でのWordPressに導入しやすいやり方を説明するもので、将来的にはGoogleアナリティクス4への切替が必要となりますのでご注意下さい。

 

「ビジネス情報」を適宜入力して、「作成」をクリックします。

 

 

日本を選択して、利用規約を確認後「同意」をクリックします。

 

 

必要に応じて、チェックを入れて「保存」をクリックします。

 

 

今は必要ないので、「閉じる」をクリックします。

 

これで、Googleアナリティクスアカウントの作成とアナリティクスプロパティ作成の完了です。

UAから始まるトラッキングIDが表示されますので、このIDを適宜WordPressに導入して下さい。

 

まとめ

この記事では、新しくなったGoogleアナリティクスで旧バージョンで利用していたUA(ユニバーサルアナリティクス)で導入する方法をご紹介しました。

 

Googleアナリティクス4はより高機能になりましたが、WordPressで簡単に導入出来るための仕組みがまだ整っていないのが現状ですので、Googleアナリティクス4がプラグインやテンプレートで対応が始まったら切り換えるようにすると良いかなと思います。

 

もし、アナリティクスに関することでお悩みごとがありましたら、お気軽にご相談ください。

以上、【2021年最新版】WordPressにGoogleアナリティクスを導入する方法でした。

 

WordPress初期設定・テーマ設定マンツーマンレクチャーサービス
WordPressで書きたいブログが決まり、さてブログを立ち上げようと意気込んだのは良いのですが、WordPressは意外と立ち上げから全ての設定を終わらせるまでのプロセスが初心者には難しく感じ、中には挫折してしまった方も少なくないと思いま...
この記事を書いた人
Toshi Seito

TEDASK代表
WordPressに関する相談実績のべ300件以上、タイムチケットでのWordPressの立ち上げお手伝いのチケット販実績240件以上!WordPressのカスタマイズから、WEBサービス制作、ホームページ制作のご相談はお任せ下さい。

Toshi Seitoをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました