埼玉県川口市のWEB制作事務所です。WordPressによるウェブサイト制作からWEB集客に関するお悩み解決をお手伝いしています!

TEDASK(テダスク)

Laravel開発

【Laravel】"stream_socket_enable_crypto(): Peer certificate CN=*.XXX' did not match expected CN=XXXXX'"のエラーが出たら

投稿日:

こんにちは。川口でウェブアプリケーション開発をしています、テダスクのToshi Seitoです。

今回はLaravel5.7で開発中で行ったメール送信に関するエラーです。

stream_socket_enable_crypto(): Peer certificate CN=*.XXX' did not match expected CN=XXXXX'

このエラーがでたら、SSLの証明をチェックしてエラーが出ているという事なのですが、

開発環境でSSLを導入していないことがほとんどではないかと思います。

これを厳密にチェックしない方法に変更するためにコードを追記します。

app/config/mail.php

    /*
    |--------------------------------------------------------------------------
    | Log Channel
    |--------------------------------------------------------------------------
    |
    | If you are using the "log" driver, you may specify the logging channel
    | if you prefer to keep mail messages separate from other log entries
    | for simpler reading. Otherwise, the default channel will be used.
    |
    */

    'log_channel' => env('MAIL_LOG_CHANNEL'),

+   'stream' => [
+        'ssl' => [
+           'allow_self_signed' => true,
+           'verify_peer' => false,
+           'verify_peer_name' => false,
+       ],
+   ],
 ];

こうすることで、tlsでも送信が可能になり、エラーが消えるかと思います。

参考にしてみて下さい。





 

いいね!をしてWordPressの
お役立ち情報を受け取る!

《スポンサーリンク》

-Laravel開発
-